ブログ名:ラグナロクオンライン あたいンち!
ジャンル:オンラインゲーム(RagnarokOnline)
日記筆者:ワルキューレ


【ブログ内容】
当ブログはオンラインゲームRagnarokOnlineを題材にしたブログです。
プレイ日記や攻略日記とは違い、筆者がRagnarokOnlineのゲーム上で
使用しているキャラクター達の平凡な日常を淡々と描く物です。
過度な期待はしないでください。あと、部屋は明るくして、
モニターから1メートルは離れて見やがってください


【ストーリー概要】
~舞台背景~
基本的な前提はプレイヤーが存在していない世界観
つまり各個人が意思を持っておりゲーム的な理由(AFK等)は存在しない
時間経過は存在しており年代を重ねていくごとにキャラたちは歳を取っている

~時間軸~
この世界には時間の流れが存在するため、小話の内容によって大きくズレがある
正直な所ニュアンスで感じ取って貰うしかない事が多いが大まかな内容は以下を参照
 フェイヨン寺院:数十年前
 ベータ時代:登場人物幼少期
 3次職実装:登場人物全盛期
 R化:5年後辺り
 RR化時代:10年後以降
上記の時間軸説明はあくまで目安程度で出せる情報であり作者も曖昧な点が多い
読者サイドの認識として大きく分けるならば【幼少期】【全盛期】【10年後】
この3つを意識してもらえるとストーリーが受け入れやすくなると思います

~フィールド情報~
・ギルドハウス・
その名の通りギルドが所有する家、基本的にギルドメンバーは皆ここに住んでいる
プロンテラフィールド05(通称プロ西)で最も巨大なお屋敷である
ストーリーの開始時によく名前がでる施設だが基本的に大広間と寝室が大量に
あるだけで目立った施設はこれと言ってない

・こー麺堂・
ギルドハウスの近くにある食堂、経営者はこーめー(孔明)というジェネティック
こーめーがヴェルダンディと結婚し冒険者を辞めて店を持つ事を決意した
開店当初はラーメン屋として店を出したのだが、今ではメニューが増えその面影はない
こー麺堂一番の人気メニューはカレーライス、一番不人気はラーメンという悲しみ
決してラーメンが不味いのではなく、他のメニューが美味しいのにもかかわらず
何故かラーメンは別にお金を出してまで外食として食べたい味ではないという内容
数十年後には固定客しか来ない集会場となってしまったが経営戦略のおかげか黒字
ちなみにその経営戦略というのはプロンテラフィールド05の大部分を農場や牧場に変え
食料自給生産を完璧にカバーするという奇天烈な発想を堂々とやってのけた事である
モロクのスラム街や大聖堂の運営する孤児院の身寄りのない子供全てを受け入れ
衣食住全てを用意する代わりに広大な農場と牧場を取り仕切る事が可能とした
一時期巷では奴隷商人との噂が立ち問題視されたがそれはまた別のお話である

・魔導館・
丘の上に立つ洋風の館で、建設当初この館に住んでいたのはフレイとフレイヤ
この館の目的は住処として建てたのではなく魔法の研究をメインとしている
数十年後フレイとフレイヤの研究が完成しその役目は終わりを迎える事となる
フレイがアルフヘイムと結婚し、ベイラを産んだ後は大幅に改築して愛の巣と変った
結果的に館の内装に関してはフレイヤの物は書斎と寝室と多少の魔法研究室が残り、
フレイの研究資材はジュノー図書館に譲り、余った部屋で夫婦の寝室とベイラの部屋
そしてフレイが完成させた研究結果を魔導書として残す作業をする仕事部屋である

・アカデミー・
ゲームにも存在する冒険者アカデミーの事である
実は中の人はクエスト以外で入ったことがない